日本ファシリテーション協会東京支部イベント 「イノベーティブな発想をカタチに!」

Description

~~イノベーティブな発想をカタチに!~~


東京支部イベントですがより多くの方に参加していただきたくコンセプトを刷新することとなりました。
変革に立ち向かい方、新たな挑戦に向き合う方などには多くの気づきを得られるワークショップを企画しております。

刷新のポイントは3つです。
1)「イノベーティブな発想をカタチに!」をテーマにワーク全体を見直しました。
2)フェローの堀さんに登壇頂き、スペシャルワークを担当してもらうことにしました。
3)革新的発想力のコンペを実施。優勝者には豪華プレゼントを差し上げます。
興味を持たれた方は、是非申し込みをお願いします! 
-------------------------------------------------------------

ファシリテーションは単に会議やワークショップを上手くやるためのスキルではなく、人・組織・社会の変革を促すのがファシリテーターの役割です。現状維持を求める力に打ち勝って変革を前に進めるのはまさに至難の業。変革を巻き起こすのに大切なものが二つあります。常識にとらわれないイノベーティブな発想と粘り強くやり通す実行力です。
これらは試行錯誤を繰り返し、経験的に見つけていくものです。中でも異分野の先人たちとの出会いが、自らの壁を打ち破るのに大きく寄与してくれます。

本ワークショップでは、『変革の方法論』を探求するため、常識にとらわれないイノベーティブな発想で革新的な活動をしているワカモノや、熱い思いで突っ走るバカモノをずらり取りそろえました。いずれも普段は出会うことのない、時代の最先端で活躍する選りすぐりのヨソモノたちばかり。その生き方や振る舞いの中から “ありえない”流儀がきっと見つかるはずです。

さらに全体ワークでは、数々の革新的なプロジェクトを成功に導いたプロ・ファシリテーター堀公俊氏が登壇します。ワークショップを通じて発見した知見をとりまとめ、イノベーションや社会変革の本質へといざなっていきます。あなたはどれくらい頭が柔軟か、革新的発想力を競い合うスペシャルワークも用意しています。 


変革に立ち向かうファシリテーターはもちろん、自分やチームの成長に限界を感じている方、沈滞化した組織や社会を何とかしたいと願う方、現状を打破する新しい事業やサービスを立ち上げようとしている方など、新たな挑戦に向き合う方なら誰でも歓迎。終わったときにちょっぴり世界が違って見えること請け合いです!


日本ファシリテーション協会東京支部の英知を結集した渾身のイベントがあなたを待っています。最初で最後のこの機会をお見逃しなく!


■タイムテーブル
9:30 受付開始
10:00 オリエンテーション
10:10 午前の部 ワークショプ(2時間20分)
12:30 ランチタイム 
13:15 午後の分 ワークショップ(2時間20分)
15:50 全体ワークショップ (1時間)
    テーマ:イノベーティブな発想を形にするには
    ファシリテーター:堀 公俊
16:50 終了




【注意事項】

※ 午前午後はそれぞれお好きな分科会1つに参加できます。イベント当日朝受付順に分科会を選択できます。
※ 当日は、9:30~受付開始です。お早めにお越しください。
※ 定員の都合上、ご希望の分科会に参加できない場合がございます。ご了承ください。


■ワークショップのご案内

現役大学生×長柄町(千葉県)
高齢化人口減でも「元気な町」を考えたい!/塩谷桃加(千葉大)
(ファシリテーター:塩谷桃加 千葉大学文学部在学、長柄町の魅力を町内外へ発信する「ながらこまち」)

長柄町を舞台に「元気な町」を考えます。
2019年の台風と大雨による被害も深刻で、様々な課題を抱える町ですが、
お年寄りが元気、実は移住者も多いという側面もあります。
課題を解決するのではなく、町と人の新しいつながり方や
町が明るく元気でいられるアイデアを考えていきましょう!


共感ってなんだろう
NVCいておいを大切にするための対話ワークショップ/高橋雄也、畑中みどり

自分を大切にしながら、相手のことも同時に大切にするコミュニケーション。
アメリカ発のこの対話法はNVC(Non Violence Communication)と呼ばれ、
日本では非暴力・共感コミュニケーションと呼ばれています。
自分の価値観に基づいて気持ちを伝えたり、
相手に寄り添うことができるかもしれない"NVC"を、ぜひ体感してみませんか?


ホッキョクグマではなく、自分の未来へ/酒井功雄(Fridays For Future Tokyo)

気候変動を自分ごととして捉えることが難しいのはなぜなのでしょうか。
無関心なマジョリティが当事者意識を持つためには何が必要なのか。
そして当事者意識を持った人々は日々の生活の中でどのようなインパクトを起こせるのかを一緒に模索したいと思います。

この世にまだない学問を面白がってみるワークショップ/赤塚啓紀、大出雄大(東工大)

ワークショップのテーマは「物事の面白がり方」です。
今回のワークショップでは、身近なものに学をつけた「○○学」という
まだ無い学問を想像して発表ポスターを作ります。
普段とは違う捉え方をしてみることで、物事を面白がる練習をしてみませんか?

「発酵起業家23歳」持続可能な顧客との関係性/小泉泰英(株式会社アグクル代表取締役)

宇都宮大学の学生が立ち上げたスタートアップの株式会社アグクルの代表小泉さんと、
「発酵」と「起業」と「ヒト」について対話しませんか?
学生時代の起業ストーリーとこれまでの軌跡。
「発酵」や「微生物」を人に例え、どのような環境や支援をすれば持続可能なヒトのつながりが醸し出せるのか・・・

その会議、時間の無駄です 
 ~2つのお題に対してブレインストーミングを行い、
  組織において何が革新的なアイディアの創造を促すのかを知る~/

企画代表 亜細亜大 遠藤、鈴木、めい、むっきー、石井、とも

近年イノベーションが注目されており、企業は国際的な競争に勝つために
イノベーションをおこすことができる人材を求めています。
しかし、会議や話し合いをしても何も決まらない。
アイデアが出てもありきたりでつまらない。そんな経験はありませんか?
イノベーションをおこすことは決して簡単なことではなく、コクヨ株式会社等各社が
オフィス空間のイノベーションを提案し、アイデアの創出を目指していますが、
誰しもが空間のイノベーションできるわけではなく、さらに時間や資金を浪費してしまうかもしれません。
そこで、今回のワークショップでは、どうすればチームで革新的なアイデアを創り出すことができるのかを、ブレインストーミングを通じて考えていきます。
一緒にイノベーションをおこす方法を考えていきましょう

※内容は変更の可能性がありますので、ご了承ください。

■お申し込みに関するご案内(お申し込みの前に必ずお読みください)

  • チケットは当日参加される方の名義でご購入ください。代理購入や第三者へのチケット譲渡はできません。
  • ご記入いただいた個人情報は、FAJ東京支部イベントに関して、申込内容の確認や参加者への連絡など、イベント運営目的に限って使用いたします。
  • チケット種別を誤って購入してしまった場合、一旦キャンセル後正しいチケットを再購入してください。キャンセル手順は下記に記載しております。
  • 領収書発行手順は、Peatixのヘルプをご参照ください。→領収書発行ヘルプ

参加をキャンセルする場合


■キャンセルポリシー

 ※ 参加をキャンセルする場合
1. チケット申し込み時に登録したアカウント情報でログインし、「マイイベント」にアクセスしてください。マイイベントはこちらからアクセスできます。
2. 「主催者へ連絡」ボタンをクリックしてください。
3. 「イベント内容やチケットキャンセルに関するお問い合わせ」にお問い合わせ内容を入力後、「送信」を押してください。
  • お申し込み後のキャンセルは、2020年1月29日(水)までお受けいたします。その際は、Peatixの機能を利用して主催者までご連絡ください。(件名に「キャンセル希望」とお書き添えください)
  • すでにチケット代金の決済が終わっている場合は、Peatix規定により下記のとおり返金処理されます。
    • クレジットカードでお支払いの場合:手数料はかかりません。
    • コンビニ/ATMでお支払いの場合:キャンセル料500円を差し引いた金額が返金されます。
  • 詳しいキャンセル手順は、Peatixヘルプをご参照ください。→キャンセル手順ヘルプ
  • 期日を越えてからのキャンセルはお受けしかねます。あらかじめご了承ください。


■リンク



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#513820 2020-01-20 08:43:05
More updates
Sat Feb 1, 2020
10:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 ¥3,000
FAJ会員 ¥2,500
学生(社会人学生は除く)

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jan 31, 2020.

Venue Address
品川区品川区荏原4−5−28 Japan
Organizer
日本ファシリテーション協会東京支部
524 Followers